スプレッドシート:IFERROR関数の使い方|エラーの場合に表示を変更する

GoogleスプレッドシートのIFERROR関数の使用方法を解説します。

IFERROR関数とは

セルの値に間違えがありエラーの場合に指定した値を返す関数です。
値がエラーの場合に空白を表示させたり、特定の文字列や値を返すことができます。

エラー一覧

エラー名内容
#DIV/0!0での除算8/0
#REF!参照先のセルや行や列が削除された
#NAME?関数名が正しくない
関数の数値の範囲を超えている
SU()
#N/A計算や検索対象の処理データがない
#VALUE!関数の引数が間違っている
セルの値が不適切
SUM("合計")
#NUM!関数や数式で使用できる数値の範囲を超え不適切10^309
#ERROR!数式の解析エラー
セルの範囲指定に「:」や「,」なく間違いがある
SUM(A1 A5)

書式

IFERROR(値, エラーの場合の値)
引数内容
第1引数(必須)
・値
エラーかどうか確認する値
第2引数(必須)
・エラーの場合の値
第1引数の値がエラーの場合に返す値を指定する

使用例

本社、各支店の前年売上と当期売上から前年比を表示させる表です。
IFERROR関数なし
上の図ではセルD5に「#VALUE!」のエラー値が出力されています。エラーが発生している原因はセルB5に「-」が入力されている為、セルの値が不適切になっているからです。

この表をIFERROR関数を使用しエラーが発生した場合に「前年比なし」と表示させるようにします。セルD5に元々入力されていた数式「=(C5-B5)/B5」を下記のように変更しました。

=IFERROR((C5-B5)/B5, “前年比なし”)

IFERROR関数あり

タイトルとURLをコピーしました