Windows10|ストアアプリの自動更新を無効にする

Windows10のMicrosoft Storeアプリはデフォルト設定では有効に設定されている為、アプリのアップデートがリリースされると自動的に更新されるようになっています。

自動更新に設定されているとアプリの更新を意識する必要がないので便利ではありますが、当然ダウンロードやインストールが実行されるときにパソコンには負荷がかかります。

特にSSDではなくHDDで動かしているパソコンではその影響が大きく動作が遅くなることが多いので、自動更新を無効にすることをお勧めします。

Microsoft Storeアプリの自動更新を無効にする

では設定を確認していきましょう。

タスクバーの「Microsoft Store」アプリのアイコンをクリックして起動します。
windows10-disable-automatic-updates-store-apps-1

Microsoft Storeが起動するので、画面右上の「・・・」をクリックします。
windows10-disable-automatic-updates-store-apps-2

「設定」をクリックします。
windows10-disable-automatic-updates-store-apps-3

「アプリを自動的に更新」のスイッチをクリックすると「オン・オフ」を切り替えることができ、オフ設定するとにすると自動更新が無効になります。
windows10-disable-automatic-updates-store-apps-4

以上で操作完了です。

自動更新を無効にしたままにすると、一切更新が行われなくなってしまうので、定期的に手動でアプリの更新を実施すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました