Adobe Acrobat Reader DC|履歴の削除方法

・閲覧履歴を削除したい
・履歴を残さない方法が知りたい

そんな疑問にお答えします。

【本記事の内容】
・Adobe Acrobat Reader DCの履歴の削除手順
・履歴を残さない設定方法
・履歴の表示件数の変更方法

Adobe ReaderはPDFファイルを開くと、「最近使用したファイル」の欄に閲覧履歴が残るようになっています。
履歴画面

この履歴は既定値では100件残るようになっていて明示的に削除しない限り表示され続けます。

では設定手順を確認しましょう。

履歴の削除

1.Adobe Acrobar Reader DCの画面右下に表示されている「最近使用したファイルをクリア」をクリックします。
手順1

2.「最近使用したファイルの一覧をクリアしてもよろしいですか?」と表示されるので「一覧をクリア(L)」をクリックします。
手順2

「最近使用したファイル」の欄から履歴が削除されます。
履歴削除

履歴を残さない(表示件数の変更)

1.Adobe Acrobat Reader DCのメニューから「編集(E)」-「環境設定(N)」の順番でクリックします。
手順1

2.「文書」をクリックします。
手順2

3.「最近使用した文書にリストする数(U)」を「0」に変更し「OK」をクリックします。
手順3

以上で、履歴が残らないようになります。

また上記設定はレジストリからも設定ができます。

Adobe Reader DC|最近使用した文書にリストする数:レジストリ - ぱそかけ
タイトルとURLをコピーしました