Windows 10|SMB1.0の有効化・無効化

Windows10で”SMB1.0″の有効化・無効化をする方法を知りたい
PowerShellで”SMB1.0″の有効化・無効化をする方法を知りたい
コマンドプロンプトで”SMB1.0″の有効化・無効化をする方法を知りたい

そんな疑問にお答えします。

【本記事の内容】
・「Windowsの機能の有効化または無効化」から設定する方法
・PowerShellでSMB1.0の現在の状態を確認する方法
・PowerShellでSMB1.0を有効化・無効化する方法
・コマンドプロンプトでSMB1.0を有効化・無効化する方法

SMB1.0はWindows10 Ver1709以降は既定で無効になっています。

今現在SMB1.0は、数多く使用されている複合機はスキャンなどのデータを転送する際にSMB1.0が使用されています。
その為、Windows10 Ver1709以降にアップデートされているWindows10は、SMB1.0を有効にしないとデータの取り込みができないことがあります。

また古いタイプのNAS等もSMB1.0が使用されていることもあり、Windows Update後に突然接続ができなくなるというトラブルもあります。
そのような場合は、一度SMB1.0の設定を見直すことで改善することがあります。

ただしSMB1.0には脆弱性があり、不正なアクセスにより「ランサムウェア(身代金ウイルス)」に感染する恐れがあります。
その為、マイクロソフトはSMB1.0の使用を非推奨としています。

「Windowsの機能の有効化または無効化」から設定

有効化

【操作手順】

1.「スタート」をクリック
手順1

 

2.「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」をクリック
手順2

 

3.「プログラム」をクリック
手順3

 

4.「Windwosの機能の有効化または無効化」をクリック
手順4

 

5.「Windowsの機能」画面の「□SMB 1.0/CIFSファイル共有のサポート」に☑チェックをいれ「OK」をクリック
手順5

 

6.変更の適用が開始されます。
手順6

 

7.「必要な変更が完了しました。」と表示されたら「今すぐ再起動(N)」をクリック
再起動が実行されWindowsの更新が行われます。再起動後にSMB1.0が有効になります。
手順7

無効化

1.「スタート」をクリック
手順1

 

2.「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」をクリック
手順2

 

3.「プログラム」をクリック
手順3

 

4.「Windwosの機能の有効化または無効化」をクリック
手順4

 

5.「Windowsの機能」画面の「☑SMB 1.0/CIFSファイル共有のサポート」のチェックを外し「OK」をクリック

 

6.変更の適用が開始されます。

 

7.「必要な変更が完了しました。」と表示されたら「今すぐ再起動(N)」をクリック
再起動が実行されWindowsの更新が行われます。再起動後にSMB1.0が無効になります。

PowerShell

現在の状態を確認する方法

【コマンド】
PowerShellを管理者として実行し、以下のコマンドを実行します。

Get-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName SMB1Protocol

 

【実行結果】
実行結果の”State“の項目を確認します。
Enableは有効Disableは無効です。

FeatureName      : SMB1Protocol
DisplayName      : SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート
Description      : SMB 1.0/CIFS ファイル共有プロトコルと、コンピューター ブラウザー プロトコルのサポート。
RestartRequired  : Possible
State            : Disabled
CustomProperties :
                   ServerComponent\Description : SMB 1.0/CIFS ファイル共有プロトコルと、コンピューター ブラウザー プロ
                   トコルのサポート。
                   ServerComponent\DisplayName : SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート
                   ServerComponent\Id : 487
                   ServerComponent\Type : Feature
                   ServerComponent\UniqueName : FS-SMB1
                   ServerComponent\Deploys\Update\Name : SMB1Protocol

有効化

【コマンド】
PowerShellを管理者として実行し、以下のコマンドを実行します。

Enable-WindowsOptionalFeature -FeatureName SMB1Protocol -Online

 

【実行結果】
再起動要求のメッセージが表示されます。
再起動をする場合は”Y”再起動させないのであれば”N”を入力しEnterキーを押下します。
再起動するとWindowsが更新されSMBv1が有効になります。

この操作を完了するために、今すぐコンピューターを再起動しますか?
[Y] Yes  [N] No  [?] ヘルプ (既定値は "Y"):

無効化

【コマンド】
PowerShellを管理者として実行し、以下のコマンドを実行します。

Disable-WindowsOptionalFeature -FeatureName SMB1Protocol -Online

 

【実行結果】
再起動要求のメッセージが表示されます。
再起動をする場合は”Y”再起動させないのであれば”N”を入力しEnterキーを押下します。
再起動するとWindowsが更新されSMBv1が無効になります。

この操作を完了するために、今すぐコンピューターを再起動しますか?
[Y] Yes  [N] No  [?] ヘルプ (既定値は "Y"):

 

コマンドプロンプト

有効化

【コマンド】
コマンドプロンプトを管理者として実行し、以下のコマンドを実行します。

dism /Online /Enable-Feature:SMB1Protocol

 

【実行結果】
再起動要求のメッセージが表示されます。
再起動をする場合は”Y”再起動させないのであれば”N”を入力しEnterキーを押下します。
再起動するとWindowsが更新されSMBv1が有効になります。

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.19041.572

イメージのバージョン: 10.0.19041.630

機能を有効にしています
[==========================100.0%==========================]
操作は正常に完了しました。
Windows を再起動してこの操作を完了してください。
今すぐコンピューターを再起動しますか? (Y/N)

無効化

【コマンド】
コマンドプロンプトを管理者として実行し、以下のコマンドを実行します。

dism /Online /Disable-Feature:SMB1Protocol

 

【実行結果】
再起動要求のメッセージが表示されます。
再起動をする場合は”Y”再起動させないのであれば”N”を入力しEnterキーを押下します。
再起動するとWindowsが更新されSMBv1が無効になります。

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.19041.572

イメージのバージョン: 10.0.19041.630

機能を無効にしています
[==========================100.0%==========================]
操作は正常に完了しました。
Windows を再起動してこの操作を完了してください。
今すぐコンピューターを再起動しますか? (Y/N)

※注意:補足情報

Windows10 Ver1709以降ではSMB1.0 クライアントやサーバーが合計で15日間使用されていないと自動でアンインストールされるようになっています。
SMB1.0が自動削除は一度だけ実行され、SMB1.0を再インストールした場合は以降自動削除されることはありません。
SMBv1で通信が取れなくなった場合は、SMB1.0が無効になっていないか確認してみましょう。

参考URL:SMBv1 は、Windows 10 バージョン1709、Windows Server バージョン1709以降のバージョンでは既定でインストールされません。|Microsoft

タイトルとURLをコピーしました