Windows10|バックグラウンドアプリの実行をオフにする

Windows10では数多くのアプリがバックグラウンドで実行されている為、メモリ等のリソースが足りていない場合にシステムのパフォーマンスに大きく影響してきます。
バックグラウンドで実行されている不要なアプリをオフに設定することでリソースを節約でき、システムのパフォーマンスを向上させることができます。

バックグラウンドアプリの実行をオフにする

それでは設定方法を確認していきましょう。

1.「スタート」-「設定(歯車アイコン)」をクリックします。
windows10-background-app-off-1

2.「Windowsの設定」画面で「プライバシー」をクリックします。
windows10-background-app-off-2

3.画面左側の項目の「バックグラウンド アプリ」をクリックします。
windows10-background-app-off-3

4.バックグラウンドアプリをオフに設定
【全てのバックグラウンドアプリをオフにする】
全てのバックグラウンドアプリをオフにしたい場合は「アプリのバックグラウンドの実行許可する」のスイッチをクリックしオフにします。
windows10-background-app-off-4

【一部の不要なバックグラウンドアプリをオフにする】
全てではなく指定した一部だけの不要なバックグラウンドアプリの実行をオフにする場合は、各アプリ名が表示されている右側のスイッチを個別にクリックすることでオフにすることができます。

ここでは例としてCortanaをオフにしてみます。
windows10-background-app-off-5

以上で操作完了です。

タイトルとURLをコピーしました